両国高校ベースボールクラブ

夏の大会が迫ってきた

6/1,6/8 の練習試合結果

中間考査明けの 6/1, 6/8 に行われた小岩高校と津田沼高校との練習試合、いつものように試合のスコアを練習試合結果に載せました。

結果だけをみるとかなり厳しいものがありますが、まだまだ成長過程にあるチーム、ひとつひとつの課題を見つめ直し、夏の大会本番までに更なる飛躍を。

(掲載日:2024年6月12日)

5/12 の練習試合結果

5/12 に行われた、江戸川学園取手高校、流経大柏高校変速との変速ダブルヘッダでの練習試合のスコアを練習試合結果のところに載せました。

第一試合は終盤に再三の好機があったのですが、スコア以上の追加点をあげられず、非常に惜しい敗戦となってしまいました。第二試合は力の差がそのままスコアになってしまったといえましょう。

さて。4月から単独チームとしてスタートとし、数試合を戦ってきました。課題もはっきりしてきていると思います。夏の大会までの限られた時間と制約のある環境のなかで、根気よく努力を続けてゆき、チーム力が高まっていくことを期待しています。

(掲載日:2024年5月19日)

4/30 の練習試合結果

単独チームで臨んだ 4/30 の豊島工科・連合との練習試合のスコアを練習試合結果のところに載せました。スコアだけをみるに、失点が多すぎたようです。現役諸君のチームの課題が見えてきているとも言えますね。しっかり対策を練って練習に打ち込み、次の試合ではいい結果が出ることを期待しています。頑張れ。

(掲載日:2024年5月10日)

単独チーム形成なる

2024 年度現役チーム、4月から新たな部員の入部もあり、今現在で1年生が4人、2年生が3人、3年生が5人という構成で、総勢で選手が12人となっています。加えてマネージャーが2人。そうです、このままいけば夏の大会は単独チームとしての参加ということになります。

単独チームでの参加は非常に喜ばしいことであります。また、練習や試合の組み立てなどもいろいろやりやすくなることでしょう。しかしながら忘れてはいけないのは、部員が少ない時期でも野球部部活動を継続し、合同チームを構成して練習や公式試合を行ってくれた、ここ何年間の年代の部員達の頑張りです。それがなければ野球部の存続も危うかったことでしょう。その努力が実を結びました。本当に嬉しく思いますし、当時の部員達に改めて御礼を述べたいと思います。

さて、それを受けての現在のチーム、4/27 に昭和学院との練習試合を行いました。結果は 0-20 での敗戦(例によって練習試合結果にスコアを載せてあります)。夏までにこの差をどこまで埋めていくことができるか、現役諸君の一層の精進が期待されます。何度も言いますが、これからの大きな成長を期待しています。頑張れ。

(掲載日:2024年4月29日)

新年度初の練習試合結果

4/20 に新年度初の練習試合がおこなわれました。対戦相手は千葉県柏市の麗澤高校。試合スコアは練習試合結果をご覧ください(放課後に移動したため5回時間切れ終了です)。このスコアを見る限り、安打数では相手を上回っているものの、守備面での失策が多い。結果それが失点につながっている、というかんじですね。

とはいえ、まだまだ始まったばかり。戦う上で必要な守備や打撃、走塁などを磨き、これからどんどん成長していっていただきたいと思います。夏に向かって頑張れ現役諸君。

(掲載日:2024年4月27日)

春季大会、結果は残念ではあるけれど

3/16 に行われた、都立久留米西高校相手に、都立大島高校・都立国際高校・都立駒場高校との連合チームで臨んだ春季大会一次予選は

大島・国際・駒場・両国 2 - 9 久留米西(7回コールド)
という結果に終わりました。勝利ならず残念。

試合のスコアは公式戦結果に載せた通りで、中盤5回までは互角の戦い。ただ、6回7回と大量失点を与えてしまい、コールドで試合終了という結果を迎えました。惜しい。この2イニング、何か歯車が噛み合わなかったようです。4校合同チームでの戦いという難しいところが出たのかもしれません。

さてここから。新学期を迎え、夏に向けて再スタートです。

(掲載日:2024年3月18日)

2024 年度春季東京都高等学校野球大会一次予選組み合わせと日程

東京都の春季大会一次予選の組み合わせ抽選が、3 月 3 日に行われました。我が両国高校は、今回は都立大島高校、都立国際高校、都立駒場高校との4校合同チームでの参加となります。抽選の結果われわれのチームは第18ブロックとなり、試合日程は

日時: 3 月 16 日(土)9:00
相手: 都立久留米西高校
場所: 佼成学園総合グラウンド
となりました。土曜日午前中の試合です。お時間の許す方、応援に駆けつけてください(組み合わせ詳細については、東京都高野連の一次予選抽選結果のページを参照ください)。


大変な始まりかたをした 2024 年ですが、本年もこのページをよろしくお願いします。

(掲載日:2024年3月4日)

高校と中学のホームページを分離しました。

お知らせです

試験的にこのページに附属中学野球部の活動を載せてきましたが、高校の記事と附属中学の記事が錯綜し、読みづらくなるところもありましたので、思い切ってホームページを分離しました。このページの URL は今まで通り変わりませんが、附属中学のものは juinior という単語をつけて別の URL にしました。念の為それら URL をまとめますと

両国高校野球部のページ:https://www.ryogoku-bbc.jp/
附属中学野球部のページ:https://www.junior.ryogoku-bbc.jp/
となります。ページのデザインはほぼ一緒です。附属中学の URL、お見知りおきいただくとともに、ブックマークなどに追加ください。

(掲載日:2023年10月7日)

2023 年チームの活動のまとめ

2023 年チームの公式戦結果、練習試合結果、そして当ホームページに載せた記事を2023 年チームのあれこれと試合結果にまとめました。ご参照ください。

公式戦の結果は2勝3敗でしたけれども、選手のみんな、長期にわたるコロナ禍の中とてもよく頑張りました。ほんとうに素晴らしい。

(あわせて、このトップページも整理しました)

(掲載日:2023年9月12日)

秋季大会は、緒戦敗退

9/10 に、都立大島高校・都立国際高校との連合チームで臨んだ秋季大会一次予選は

大島・国際・両国 0 - 12 中央大学附属高校(5回コールド)
という結果に終わりました。勝利ならず。

試合のスコアは公式戦結果に載せた通りですが、観戦した OB から、「力の差が結果となってあらわれた。細かいミスが重なり、その結果大きな得点差となった」との感想をいただきました。

3年生が抜けた新チーム、初めての3校による連合チーム、ということもこの結果につながっているかもしれません。とはいえこのままではいかんですね。来シーズンの公式戦に向けて、短い練習時間を実りあるものに工夫して、勝利を目指していってもらえればと思います。がんばれ、現役。

(掲載日:2023年9月11日)

OB 会 19 期のみなさま、いつもありがとうございます。

毎年のように、野球部 19 期のみなさまから、本 OB 会に寄付をいただいております。今年は、OB 会への手紙付きでした。ありがとうございます。19 期のみなさま、引き続き変わらぬご支援をお願いします。

dummy

(クリックして拡大)

(掲載日:2023年8月28日)

秋季大会一次予選組み合わせと日程

新チームの今年の東京都の秋季大会一次予選も、都立大島高校、都立国際高校との3校合同チームでの参加となりました。組み合わせ抽選の結果我がチームは第1プロックとなり、試合日程は

日時: 9 月 10 日(日)14:00
相手: 中央大学附属高校
場所: 帝京高校グラウンド
となりました。日曜日の試合です。お時間の許す方、応援に駆けつけていただけるとありがたいです(組み合わせ詳細については、東京都高野連のページを参照ください)。

(掲載日:2023年8月24日)