両国高校ベースボールクラブ

2007 年チームあれこれと試合結果

2007 年チームあれやこれや

2007 年のチームのメンバ諸君、特に3年生、お疲れさまでした。ここ にその活動と、試合の結果をまとめておきます。

公式試合結果

dummy dummy 3年生諸君、お疲れさま。1年生、2年生、新チームで頑張れ。

 

2007.7.19: 全国高校野球選手権東東京大会 対 都立総合工科高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
1
0
0
0
0
0
0
1
2
都立総合工科高校
1
0
0
2
1
0
0
5
9

26 期 OB の助監督から、大会終了後に以下のメッセージが。

スコアでは判らない緊迫した展開だったんですよー。

昨日(7/19)からいろんなメールが届いてまして、転居先住所やら励ましメールやら、 大変パワーを貰っています。

今日(7/20)午後から新チームのミーティンング後初練習があって、正直疲れてるんでキツイところ ですが、皆さんからああいう嬉しいメール貰ったらすっかりモードチェンジできました。

と言うわけで、そんなお礼を皆さんに伝えて貰えたらなぁと思います。

みなさん、ありがとうございます。これからもより一層(物心両面で)応援 に力をいれて行きましょう。

2007.3.17: 春季大会 対 正則高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
0
0
0
0
0
0
4
0
正則高校
1
0
2
0
6
1X
10
13
0

<試合寸評>

秋季大会に続き、またも残念な結果に。しかし、本番は夏。チーム力のさらなる向上を願います。ここから、ここから。

 

2006.9.10:秋季大会 対 桐朋学園

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
0
0
0
0
0
0
?
桐朋学園
10
0
0
6
X
16
9
?
桐朋学園グラウンド 9:00 試合開始

<試合寸評>

新チームでの初の公式戦ですが、結果は 0 - 16 のコールド負け。しかし、ここからです。この結果を糧として、今後の成長に期待したいと思います。

 

練習試合結果

dummy dummy 2007 年4月からの結果です。新しい順に載せています。7勝10敗1分でした。

 

2007.6.17: 対 東葛飾高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
1
0
0
0
0
0
1
7
5
東葛飾高校
0
0
4
3
10
0
X
17
12
1

 

2007.6.17: 対 野田中央高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
0
1
0
0
2
0
2
4
9
14
0
野田中央高校
0
0
0
2
0
3
0
0
0
5
13
1

 

2007.6.9: 対 草加高校(第二試合)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
草加高校
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
4
5
両国高校
0
0
0
0
0
2
0
2
X
4
4
1

 

2007.6.9: 対 草加高校(第一試合)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
1
0
3
1
0
0
0
0
5
10
0
草加高校
0
0
0
1
0
0
1
0
0
2
9
1

 

2007.6.3: 対 翔陽高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
3
0
0
0
3
0
0
0
0
6
10
1
翔陽高校
2
1
2
1
0
0
0
0
0
6
8
3

 

2007.6.3: 対 高島高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
0
0
2
3
0
3
1
0
9
12
3
高島高校
1
0
1
0
3
3
0
2
X
10
14
4

 

2007.6.2: 対 葛飾野高校(第二試合)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
2
5
0
0
0
0
0
0
0
7
4
4
葛飾野高校
0
0
5
0
0
0
0
1
0
6
8
4

<監督、助監督からのコメント>

序盤1,2回で大量7点を先行しましたが、4四球、3安打など5点を奪われ 暫くは拮抗した展開でした。その後、両高投手ともに立ち直り終盤に長 短打で1点差になりましたが、最終回1年生投手の踏ん張りや左翼手の好 守などで勝利しました。

2試合を通じ守備では随所に好プレーも見られ、エラーも少なく良い印 象でしたが、四球が多く大量点に繋がる悪いパターンが何度かありまし た。昨夏から打撃にウェイトを置いた練習内容の効果は、ある程度ゲー ムで発揮できていますが、新人戦以来の課題である投手陣の制球難とい う悪い面が出てしまいました。

3年生最後の夏に向けて一層の戦力アップを目指し、選手と共に悔い残 らない数日間にしたいと思います。

 

2007.6.2: 対 葛飾野高校(第一試合)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
葛飾野高校
2
2
0
0
1
5
0
1
6
17
23
2
両国高校
1
0
0
0
0
0
1
0
0
2
7
2

<監督、助監督からのコメント>

相手の2投手に散発7安打に抑えられ完敗でした。両高は投手陣の不調から 四球や長打などで大量失点されましたが、失策が少なかったのが唯一明る い材料でした。

 

2007.5.27: 対 明大明治高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
0
0
0
0
0
1
0
6
7
7
2
明大明治高校
4
0
0
0
0
2
2
6
X
14
10
2

 

2007.4.30: 対 順天高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
順天高校
1
3
11
6
0
0
0
21
13
1
両国高校
0
0
0
0
0
1
2
3
5
7

<現役からのコメント>

守備も攻撃もうまくいかず、大差で負けてしまい残念でした。

 

2007.4.30: 対 淵江高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
0
0
1
0
0
0
2
1
4
5
3
淵江高校
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
5
4

<現役からのコメント>

先発がナイスなピッチングで相手を抑えて、うちの攻撃も良くいい試合でした。 これからはこの試合のような楽しい試合ができるように頑張っていきます。

 

2007.4.28: 対 葛飾商業(2試合目)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
葛飾商業
0
3
2
1
6
7
1
両国高校
0
0
0
2
2
1
0

 

2007.4.28: 対 葛飾商業(1試合目)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
1
1
0
3
5
2
1
0
13
13
4
葛飾商業
0
0
0
0
2
0
4
0
0
6
10
3

 

2007.4.22: 対 市川高校(2試合目)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
市川高校
0
4
0
4
0
0
4
1
2
15
18
2
両国高校
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
2

<現役部員からのコメント>

嵐のように風の強い、荒れた天気の日だった。僕等はどんよりした雲の 下、勝利を目指して、戦っていた。 1試合を勝って迎えた第2試合。大差のついた(負け)荒れた試合になっ てしまった。試合は進み、7回ぐらいに監督から「ピッチャーあるかも しれない」的な事を言われて、驚いた。でも、1回やってみたいと思っ ていたので嬉しかった。言われてすぐにブルペンで投げ込んだ。変化球 の制球に難があったが、直球はコントロールがよくて良さげだった。そ して、とうとう出番が来た。 8回のマウンドに自分がいた。しかし、さっきまでの制球力がない。投 球練習では、ボールが高めに浮いていた。ストライクが入らない。そし て、迎えた最初のバッター、やはりストライクが入らずボールが先行し た。そしてだいたいカウント0−2で投げた約第3球、ストライクをと りにいって、真ん中に入ってしまった。相手はそれを見逃さず、強振。 打球はレフト方向に伸びていき、レフトのネットの上部に当たった。ネッ トに当たったらフリーだと思っていたのでホッしたのもつかの間、審判 が腕を回す。なんと、1人目のバッターにホームランを浴びてしまった。 笑うしかなかった。 思い切り投げれなかったのを悔んだ。その後は、ボール先行になりなが らもまぁまぁ思い切りも投げ、2回をホームラン込みの3失点で抑えた。 うまくいかなかったが面白かった。大変長くなってしまいましたが以上、 打たれてしまった言い訳です!楽しんで頂けたでしょうかね?まぁ暖か く見守ってくださいm(__)m そして最後に、「家に帰るまでが‥初登板だぁ〜・」

 

2007.4.22: 対 市川高校(1試合目)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
1
0
0
2
0
0
4
0
0
7
8
4
市川高校
0
0
0
0
0
3
1
0
1
5
10
4

 

2007.4.14: 対 昭和第一高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
0
0
0
1
2
0
1
4
9
4
昭和第一高校
2
2
0
0
0
0
3
7
3
2

<現役からの、4/14 の2試合を振り返ってのお茶目なインタビュー>

Q: この試合のヒーローは左打席デビューを果たした A 選手です、今の気持ちは?
A: 最高です!

Q: 1試合目はほとんどセーフティーバントを試みたようですが、あまりうまくいきませんでしたね?
A: はい、そうです。

Q: まだ、練習中ということでしょうね。そのあとたまたま追い込まれたあとラッキー内野安打が出ましたね。
A: はい、たまたまです。

Q: 2試合目ではセンターオーバーの完璧なスリーベースを打ちました。かなりの飛距離だったのではないですか?
A: はい、かなりの飛距離でした。

Q: その後の打席では高めに浮いたカーブを叩いてレフトオーバーのツーベースを打ちましたね。パワーを見せ付けましたね。
A: はい、見せ付けました。

Q: 今日のMVPは豪快なバッティングが持ち味の A 選手でしたぁ。放送席にお返しします。

 

2007.4.14: 対 日野高校

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
1
0
0
1
1
3
5
1
日野高校
3
0
10
0
X
13
9
2

 

2007.4.1: 対 葛西工業

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
両国高校
3
0
0
1
0
0
2
2
0
8
11
5
葛西工業
0
0
0
4
6
5
0
0
X
15
9
4

<現役部員からのコメント>

この前の試合は「積極的な走塁」と「タイムリーヒットを打つ」ことが 監督からの課題だったが、試合を通してチーム的にも、個人的にもどち らの課題もクリアできていて良かったと思う。しかし守備の乱れが良く なかったし、大量得点を取られてから集中力を切らしたプレーが続いた ことが反省点。試合に勝つめには集中のメリハリを練習中から意識して、 1試合のうちに集中力を切らさずにプレーすることが必要だと思う。こ れからは夏に向けて練習試合一戦一戦を大切にしていきたい。

 

HP での活動報告

チーム紹介

dummy3## 現チームの監督、キャプテン、マネージャー、広報(GM)の紹介です ##

[ 監督 ]
普段は保健体育科の先生ですが、NSCA(National Strength and Conditioning Association)公認ストレングス&コンディショニング・スペ シャリスト(CSCS),NSCA公認パーソナルトレーナ(NSCA-CPT)という資格 も持っている元スポーツトレーナーの方でもあります。法政第一高校、谷沢 野球コミュニティー千葉(元中日谷沢健一氏監督のクラブチーム)、フット サル、社会人アメフトなどでトレーナー活動をして、2001年には、シアトル マリナーズでトレーナー研修を積まれました。

[ 監督からの言葉 ]
両国では初めての監督業になりますが、トレーナー時代の経験を生かして、 練習メニューを組んだり、医療機関と連携していき、日本一を目指す「いい チーム」作りを進めて生きたいと思います。 [Play hard]「Play safe」「Play fair」 「Play fun」をモットーに練習に取り組んでいきましょう。

>>続きを見る

新入部員獲得に向けて

dummy1 ## 現役の広報(GM)による新入部員獲得についてのレポートです ##

初めて学校の行事である新入生歓迎会に参加することになった。去年まで は新入生を歓迎しなくても、自然と部員は集まってきていた。だが、今年 は状況が深刻だった。新2年生が、僅か6人しかいない。このままではマ ズい‥。当たり前だが、9人集まらなければ、試合も出来ない。15人集ま らなければ、合宿にも参加できない。下手したら、廃部だって有り得る。

>>続きを見る

大会前練習風景(7/16)

dummy1

台風による雨も収まり、曇空の中、久しぶりにまとまった練習の時間が取れた 7/16 日の練習でした。現役諸氏も、近づく大会に備えての気持の充実もうか がわれるよい練習だったと思います。監督、助監督の他、古参 OB が2人…

>>続きを見る

©2007-2018 Ryogoku High School Baseball club